むたい俊介
モバイルサイト

長野2区 自民党

【メッセージ 2011】
「政権交代で明らかになった政治と経済の一体性」
「公設市場の活性化を夢想する」
「『信州型事業仕分け』を見て思うこと」
「地元の戦略的地域資源としての地下水の管理の制度作りを」
「コミュニティと行政を結ぶ地域担当制の勧め」
「土着政党としての自民党の再生に向けて」
「「大阪都」構想と民主主義の危機」
「消費税と社会保障・地方自治」
「地方税の徴収率を上げる地道な取り組み」
「日本政府の危機管理体制の懸念」
「国民の「元気球」を被災地に贈りたい」
「大震災体験を若い世代が実体験する意義」
「非常時の行動原理」を知らない政権による「政治災害」
「311に学ぶ危機管理の政治思想」
「お祭りは“防災訓練”だ」
「大災害時に浮かび上がる日本人の特性」
「被災地支援「ボランティア駅伝」スタート」
「大災害と法治主義」
「原子力被害と賠償責任の関係」
「菅政権発足一年を振り返って」
「滞在型有機農業体験「WWOOF」」
「電力供給の品質確保と再生可能エネルギー」
「東日本大震災被災地支援と関西広域連合」
「松本市の震度5強の地震に垣間見る普段の備え」
「地震に強い松本城の再発見」
「エネルギー制約社会とライフスタイルの転換」
「児童養護施設入所児童と「こども手当」」
「「横浜みどり税」に学ぶべき復興財源議論」
「原爆投下後の軍部対応と福島原発事故後の政府対応の奇妙な類似性」
「原発問題と国民投票」
「再生可能エネルギーの一定量確保の手法」
「地震と地縁団体の対応」
「防災訓練の最中に組閣作業を行う政権の危機管理感覚を憂う」
「核燃料サイクルの行き詰まりと原子力発電」
「合併市の市議選で中山間地出身議員の善戦に思う」
「地域を元気にするサイクルトレイン」
「緩慢な危機と突発的危機の同時進行の時代」
「『信州型事業仕分け』に参加して」
「テレワークの推進により災害にも強い国づくりを」
「災害復興の時系列で変化するボランティア需要」
「「傾聴ボランティア」を経験して得られたもの」
「東日本大震災と広域支援の課題」
「ガンディーの「日本人に贈る言葉」」
「ユーロ危機と地方交付税」
「橋下新大阪市長が有権者の支持を得た真の理由」
「人口の「潜在自然植生」」
「小・中学校の40人学級と教育環境の改善」
「年末年始の御挨拶」

2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

[1]プロフィール
[2]理念・政策
[3]選挙区の状況
[4]後援会のご案内
[5]お問い合わせ

[0]TOP
(C)Shunsuke Mutai