自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

むたい俊介メールマガジン第287号 2019.12.13

地域の声を国政につなげ
地域の声で国政を変える

〜むたい俊介メールマガジン〜

「人口の急減地区に若者を誘う法を制定したり」


 12月9日、令和元年の臨時国会が終了しました。臨時国会中に、長野県にとってもそして全国にとっても大きな災害が相次ぎました。私は、国会議員の最大の役割は、非常事態の折にその事態に即応して的確に考え行動することだと思っています。台風19号の際の千曲川堤防決壊に起因する被害に際しては、被災地に入り、被災地の声を聴きその実態を踏まえ、自民党内で声を上げ、頂いた課題を政府の対応策に盛り込み、さらにそれを強力に後押しするために、この臨時国会において、異例なことに農林水産委員会、環境委員会、災害対策特別委員会の3委員会で質問の機会を頂き、それぞれの分野毎に関係大臣と質疑を交わしました。災害復旧で特に強調したことは、被災前より強靭な状態にしていく復興の必要性であり、「ビルト・バック・ベター」をキーワードとする政策展開を訴えました。


 日本全国が人口減に見舞われていく中で、地方の人口急減地域は下手をすれば地域の存続の危機に瀕します。災害対策に奔走した先の臨時国会の中で、もう一つ私が頑張った議員立法を通じた取り組みがありました。それは「地域人口の急減に対処するための特定地域づくり事業の推進に関する法律」の制定に向け、細田博之代議士、中谷元代議士らと伴に奔走したことです。臨時国会の最終盤に、共産党を除く全会派の賛成多数で成立させることができました。都会の若者に人口急減地域に移住して頂き、そこで一定の所得を得てその地域の需要に応じた仕事ができるようにするために、その受け皿となる特定地域づくり事業協同組合を都道府県知事の認可を受けて作り、それに手厚い公的支援を行おうとするものです。


 都会に住む若者も、機会があれば地方に居住したいと思っている方は決して少なくはありません。しっかりとした収入を得られる仕事が見つかれば移住したいと考えています。地域おこし協力隊の3年任期が徒過した若者が引き続きその地域で活躍したいと思っている人も沢山います。そうした人たちの為に、意欲と能力があればそれらの若者を受け入れる場(事業協同組合)を地域社会に作り、その場からそれぞれの地域の求人に応じ力を発揮してもらおうという枠組みを作りあげました。この組合の常勤職員となる若者は、地方で十分やっていける収入を得て、厚生年金、医療保険の被保険者ともなります。生活の心配なく、それぞれの人口急減地域で縦横無尽の活動をしていただけることが期待されます。


 私の地元でも、松本市奈川地区、安曇地区、四賀地区、白馬村、小谷村、大町市八坂地区、美麻地区、麻績村、筑北村、生坂村、長野市鬼無里地区、戸隠地区、大岡地区、中条地区、信州新町地区、小川村あたりでこの枠組みを使って若者の移住を促すことが十分可能であると考えています。私自身も、機会をつくり選挙区内を巡り、この仕組みの意義をしっかりと伝えていきたいと考えています。


「人口の急減地区に若者を誘(いざな)う法を制定したり」。


自民党長野県第二選挙区支部長
衆議院議員 務台俊介


[twitter!]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

○ツイッターフォロー募集中!
 http://twitter.com/mutaishunsuke
 「mutaishunsuke」のアカウントで更新中です。フォローをしてくださる方を募集しています。

○Facebookで活動報告
 https://www.facebook.com/mutai.shunsuke
 リアルタイムで日々の活動報告をしております。是非お友達申請をしてください!

[このメールマガジンについて]■□■□■□■□■□■□■□
このメールマガジンは後援会に入会いただいた方、名刺交換をさせていただいた方、メール等を下さった皆様などにお送りさせていただいております。
日頃の政治活動を通じて得た、皆様の声、メッセージ、政策のヒントなどを定期的にお伝えしています。なおバックナンバーはホームページで公開しております。

メールマガジンの配信を新たに希望される方は mail@mutai-shunsuke.jp までその旨のメールをお送りください。配信停止を希望される方は、本文に「配信停止」とだけご記入の上ご返信ください。

[お願い] ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
是非ご友人お知り合いにこのメールマガジン、むたい俊介ホームページをご紹介いただけますようお願いいたします。

発行:むたい俊介事務所
担当:赤羽俊太郎
〒390-0863 松本市白板2-3-30 大永第3ビル
Tel0263-33-0518 Fax0263-33-0519


メールマガジン配信登録・解除方法

  • ■登録方法 mail@mutai-shunsuke.jpに空メールをお送りください。
  • ■解除方法 本文に『配信停止』とだけご記入してご返信ください。

←戻る

▲ページTOPへ